薄毛の原因は女性の体内でも生成されていた男性ホルモン!

育毛剤
皆さん、新生活にも慣れて来られた頃でしょうか?
新社会人の方は特に初めて就く会社の環境や、仕事により疲労が蓄積されているのではないでしょうか?

最近では女性もハードワーカーが増えてきていることですし、日々のケアを怠らないようにしましょうね!

特に近年では私生活の乱れなどにより、女性の薄毛も引きおこることがあるので気をつけてくださいね。

男性だけじゃない!女性も抱える薄毛の悩み!

ここ最近は女性も社会で活躍する機会が増え、仕事熱心な方が増えてきました。
その為、さまざまなストレスに影響を受け、頭皮にも影響が受けるようになったと言われています。

女性の薄毛は男性と比べて、頭頂部や生え際などから薄くなっていくことが特徴的です。
男性よりも全体的に薄くなっていくことが特徴ですので、外見からは気づかれにくいですが、本人の精神的なダメージは大きいです。

びまん性脱毛症とはどんなもの?

この「びまん性脱毛症」とはどういうものか、おわかりの方はいらっしゃいますか?
なかなかいらっしゃらないことと思います。

では、AGAというワードをお聞きした方はいらっしゃいますか?
これは近年、テレビや、CM、ラジオ、様々なメディアでも取り上げられていることで皆さんのお耳にも入ったことがあるのではないかと思いますが、どうでしょうか?

このAGAというワードは「男性型脱毛症」と呼ばれています。
このAGA(男性型脱毛症)に似た薄毛の症状と言われているのがFAGAという
「女性男性型脱毛症」というものです。
別名、びまん症脱毛症です。

つむじ周りや頭頂部から次第に抜け毛が進行していくことが特徴のFAGA(女性男性型脱毛症)は気づきにくいというやっかいなところがあります。

それは私たちの日常生活の中で少しずつ、変化していくものであるからです。
日々、私たち女性は会社に出勤する際も、友達と食事に行く際も、もちろん彼氏とのデートの時はいつもよりもおしゃれな恰好をしますよね。

男性と違い、女性は身だしなみを整えるのに化粧からヘアスタイル、いろいろな点を工夫しておしゃれを楽しみます。

自然と鏡を見る回数は増えていきます。
その鏡を見る時に、ある時、少しの変化に気づきます。

「あれ? 私、こんなに髪の毛にボリュームなかったっけ?」
この時は気になるのですが、美容室に行ってカットやパーマ、ヘアカラーをしたからだと気のせいに思ってしまう心理が人間には働きます。

女性にとって髪の毛は本当に大切なものです。
無意識の内に「ちょっと、気になるけど、気のせいよ。だって、私はまだ、若いし、最近、髪の毛をカットしたところだもん!」

そうしている内にあなたの薄毛の進行に対する気づきを誤魔化し続け、周囲の目や、あなたが鏡に映った誤魔化しきれない姿になって初めて自覚することになるのです。

こういったことから男性はまだ、わかりやすく薄毛に気づけますが、女性が薄毛に気づき、自覚することは難しいです。

その為、自身の髪の毛のボリュームを疑った時には、親しい人には相談してみることや、ひとまず、勇気を出して病院やクリニックで診察してもらうことが大切になります。

早期発見により、薄毛を食い止めることができるかもしれないので「ピンチはチャンス!」と思って行動に移しましょう。

男性だけじゃない! 女性にも影響を与えるホルモンとは!?

皆さんは男性が体内で生成している男性ホルモンをご存知でしょうか?
この男性ホルモンは男性の薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛所)に強く影響しています。

そして、この男性ホルモンは実は女性の体内でも生成されています!
「男性」とつきますが、女性にもそのホルモンが生成されていることに驚いたのではないでしょうか?

この男性ホルモンの生成値が正常であれば、女性ホルモンに抑えられるのですが、不摂生や、生活習慣の乱れにストレスの影響から女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてしまい、薄毛の進行を促進する男性ホルモンが増殖するのです。